ワインのコルクを抜くコツ

ワインのコルクを抜くのは慣れたら簡単!

最近、家でワインをよく飲むようになりました。
といっても、赤はまだあまり好きではないので白ばっかり飲んでいます。

 

値段は一本500円〜1000円くらいのとても安いワインばかり飲んでいます。
まだ味もよくわからないので、自分にとってはそれで十分です。

 

我が家には、ワインオープナーがあるのですが、この間、コルクのワインを買ったときに、それを久しぶりに使ってみました。

 

そしたら何と使い方がわからなかったのです。

 

適当にコルクにねじ込んでやってみたら何とか空きましたが、自分的には、まぐれでできてしまってこれからワインを沢山飲むからには、ここできちんとワインのコルクを抜くコツを覚えておこうかなと思います。

 

今回紹介するのはソムリエワインではなくて100円ショップで売ってるような安いワインオープナーの説明になります。

 

手順

(1)まずは、ワインオープナーの先端をコルクに突き刺します。

 

(2)次に、ワインオープナーの一番上の部分をつかんでグリグリとまわしていくわけなんですが、ここで一つ注意点というかコツがあります。

 

両サイドについている羽の部分を掴まないということです。
羽根の部分は掴ま前にワインオープナーの根っこの部分だけをつかんで上部をグリグリとまわしていきます。
ここを間違ってしまうとうまく開かないことになってしまうかもしれません。

 

(3)ワインオープナーをまわしていくと、両サイドの羽が徐々に上の方に上がってくると思います。そうなったらそれが正解です。そのまま羽が上に来るまでまわし続けましょう。

 

(4)羽が一番上まで来たら回すのを一旦止めます。
そして目に来た羽をグイッと下に下ろししましょう。
そうすると自然と大した力を入れなくてもコルクが自然と上に上がってくると思います。

 

この状態になったらコルクが抜けるまであと少しです。

 

(5)羽を一番下まで下げてもまだコルクが抜けそうになかったら、もう1回羽を抑えずにワインオープナーをグリグリとまします。

 

また、両サイドの姉が上がりますので、そうしたら羽をもう一度されます。
だいたいこの動作を2回繰り返したらコルクは抜けるはずです。

 

いかがでしたか?

これでおいしいワインが飲めるようになったと思います。
私も今回自分でブログで説明してみて、よくワインのコルクの開け方を覚えることができました

 

今度からは失敗せずに上手に開けられるような気がします。

 

大好きなグルジアワインを、お気に入りのオープナーでグリグリと開けて飲む時の高揚感が堪らないものがありますね。
詳しくは「安いおいしいと評判のグルジアワインを飲んでみた」もチェックしてみてください。

 

皆様もワインとツールの両方に凝ってみてくださいね。


 
inserted by FC2 system